自由気ままなのがフリーローンの良い所

カードローンと言う名前は聞くことがあっても、フリーローンと言う名前はあまり聞いたことがないという人も多いのではないでしょうか。フリーローンとは、日本語風に言えば多目的ローンのことで、使う目的を絞り込まない融資のことをいいます。通常、融資を受ける際には、どのような目的でお金が必要になっているのかを事細かに説明しなければいけません。その上でその事情にあった融資を申し込むわけです。例えば車を買うならオートローン、入学金を支払うなら教育論、家を買うなら住宅ローンといった具合です。
ところが、そういった資金の使い道を明らかにしなくても貸してくれるお金があります。それがフリーローンです。フリーローンとカードローン、どちらがどうなのかという点については、明確な違いがあります。それは融資金額をいちどにもらうのか少しずつ小分けにしてもらうのかといった違いです。どちらもお金の使い道は限定されませんが、フリーローンの場合は契約額を一気に振り込んでもらいます。例えば30万円のフリーローンで契約をすれば、30万円があなたの口座に振り込まれるわけです。一方カードローンは、限度額と言う考え方を導入しています。30万円の限度額で契約すれば、30万円を超えない範囲であれば何度でもお金を借り入れることができます。1万円が必要であれば1万円を引き出す、5万円が必要であれば5万円を引き出すといった具合で、あたかも自分の口座からお金を引き出すような感覚で少しずつお金を借りることができるわけです。ただし、カードローンの場合、返済が滞ってしまえば、限度額の範囲内であっても、それ以降は借り入れがストップしてしまいます。その点から言えば、30万円なら30万円一気に借り入れることができるフリーローンの方が確実かもしれません。