Monthly Archive: 4月 2014

受精卵の取り違いをなくす対策を

日本でも妊活という言葉が聞かれるようになってきて、妊娠したいけど妊娠できない人って世の中に結構いるんだと思います。

私のママ友にも不妊治療を経て子供を授かったという人もいます。夫婦で話し合い、気持ちを一つにして、辛い検査に耐えて、人工授精からのステップアップで行ったであろう体外受精で間違いがあるなんて。。。ローマの病院で体外受精で他人の子供を妊娠、あってはならない間違いです。体外受精をしたら一度で子供が授かるわけではないのです。

何度もトライしやっと受精できたのかもしれません。それが他人の子だなんて…。想像しただけでも胸がはち切れそうなくらい悲しいです。妊娠を望んでいる方に妊娠できるような治療はこれからもどんどん進んでほしいと思うけれど、このような結果があるとどちらの夫婦もまた悩み不幸になってしまうでしょう。

日本でも少し前に問題になった生まれて間もない赤ちゃんの取り違えと同じようなことが、体外受精をする夫婦の受精卵の取り違えが起こらないようにきちんとした対策を望みます。

キャッシングの借り換えと住宅ローン。

長年の賃貸生活から脱出して、ついに一戸建てを購入することになりました。
地元の住宅メーカーでお願いすることになり、支払いについての計画も相談にのってもらいました。
殆どの人が家を購入する際に初めて体験する住宅ローンです。

一体どこの金融機関で借りたらよいのかわかりません。
当初は、普段から利用している地域の信用金庫が、安心だと思っていました。
すると、労働金庫が金利が安いとの噂もききつけ、選択肢が分かれます。

img_201404100605412社プランをお願いしようと思ったところへ、住宅会社の営業マンから、会社で調べた最近の金利の安い銀行を紹介したいとの申し出があり、そこも考慮に入れました。
調べてみると、住宅会社紹介の銀行が一番金利が低かったので、そこでお願いしました。
いろんな書類も必要だったので、何かと配慮していただき助かりました。
銀行の対応もよく、ここに決め手よかったと思いました。

しかしその後、家計が厳しくなり、キャッシングのお世話になったこともありました。
金利が高く返済が思うに任せませんでしたが、キャッシング 借り換えをしてからかなり楽になり、住宅ローンともども、何とか返済ができています。

やはりお金を借りるには金利が重要ですね。
銀行に借りるに越したことはないと思いました。

フリーローンの借り換え

フリーローンも金利を見直して借り換えを検討してみる価値は大です。ローンによっては結構な高率で金利設定されているケースもあります。一方、金利が高いと思っていたカードローンでも2%を割り込むような低金利なものもあります。だからきちんと見て比較検討する必要があるわけです。